2016.4.17(sun ) 夢の続きを at nicolas

March 29, 2016

 

4月17日、三軒茶屋nicolasにて徳澤青弦さんと共に演奏いたします。

徳澤青弦さんのcello、いろんな表情があってそのどれもにうっとりします。


3rd アルバム「たくさんのまばたき」の中のみずうみ、love is so simpleで演奏していただいています。ライブでの共演は初めて。
nicolasの美味しいお料理と共に味わっていただく時間、ぜひご体験いただけたら。

 

昼の部は、西森千明さん&青木隼人さんによるライブがあります。
熊谷充紘さんの企画する『夢の続きを』。
楽しみな一日になりそうです。


///////////////////////////////

 

4.17、nicolasに西森千明さん&青木隼人さん、扇谷一穂さん&徳澤青弦さんを迎えて、『夢の続きを』という半日を作ります。
よろしければぜひご体験ください!
2016年4月17日(日)『夢の続きを』at nicolas
「昼からさめた夢」
出演:西森千明&青木隼人
開演:15時 終演:17時
料金:3000円(nicolasのお菓子&1ドリンク付き)
定員:20名
「夢を起こす」
出演;扇谷一穂&徳澤青弦
開演:19時30分 終演:21時30分
料金:4000円(nicolasの前菜&パスタ&デザート&1ドリンク付き)
定員:18名 (定員に達したためキャンセル待ちでの対応となります)
—–
夢のなかでは、年齢に関係なく、真剣になる。
次に何が起こるかわからない世界を生きようとする。
まるで誰かの生を生きているようでもある。
目が覚める。当たり前の日常を生きる。スムーズで滞りなく。
ふとした時、何か疑問が浮かぶ。初めてのことに出くわす。
わからないから、必死になる。
まるで夢のなかでのように。
たとえば電車の中で、カフェで、僕らは耳にイヤフォンをさし、音楽を聴く。
集中したり、いつもとは違う時間を生きるために。
目覚めている日常に、夢を導入するかのように。
音楽の演奏を生で聴き、没頭していくとき、まるで音楽そのものに参加しているようで、世界とは、言葉や自分を超えたものであるという予感に満たされる。
夢のなかでは、無力で小さな存在だが、何ものにもとらわれない自由が開かれている。
子どもの頃に夢見たことはリアリティがなかった。
大人になった今、夢見ることは、リアリティをもった予感だ。
当たり前の日常を夢の続きとして生きる。
わからないから、真剣に、自由に。
 

詳細はこちらにて

 

Please reload

Featured Posts

2017.9.30(sat) coffee night vol.7 at coffee caraway

September 12, 2017

1/10
Please reload

Recent Posts
Please reload

Archive
Please reload